加湿水の水質管理/給水の種類

給水の種類

  • 加湿器への給水は、標準的にはイオン交換水または純水となります。
  • 加湿器への給水に、水道法に規定されている水質基準に準ずる水を使用した場合、 この水には溶解したミネラル成分(カルシウム、マグネシウムや塩素など)のイオンが微量含まれているため、 加湿(=水の蒸発)に伴って残留物(=スケール)として析出・付着し、様々な障害の原因になります。 スケールとは、一般的に給水中に含まれるシリカ(二酸化ケイ素・SiO2)や硬度成分(カルシウム、マグネシウム)などが溶解限度に達して 析出・結晶化し固形化した蒸発残留物のことです。一旦析出したスケールは再び水に溶けることはなく 加湿パンの底に堆積し様々な障害を起こしたり、ノズル噴霧式では空気中で析出して白い粉となって浮遊します。 水冷式精密空調機の冷却水として水道水以外を使用する場合は、 日本冷凍空調工業会が定める水質基準(JRA-GL 02:1994)を満たす水質の水を使用する必要があります。(詳細は仕様書に記載)